【インプラントの治療は専門の歯科医院へ】
大阪・アーティスティックデンタルクリニック|理事長ご挨拶

インプラントの歯科医院/大阪アーティスティックトップへ  >  理事長ご挨拶


理事長ご挨拶

理事長近影

理事長 新井 聖範
・大阪府出身
理事長プロフィール

医療法人artistic dental clinicでは、皆様の様々なご要望に対してよりご満足頂けるよう真摯に取り組み、ニーズに合った治療方法を責任をもってご提案させて頂いております。

アーティスティックデンタルクリニックのホームページにようこそ

当医療法人理事長の新井聖範でございます。私は、親類に医療関係の者が多いこともあり、小さな頃から人の健康に役立つ仕事に就きたいと憧れ、歯科医師になりました。大学卒業後は歯をより綺麗に治療する審美歯科治療を中心に学びたいと思い、大学病院では歯科補綴学を専攻しました。

審美歯科を学ぶ程、インプラント治療の重要性や必要性を感じ、より専門性の高い医院で従事したいと考え当医院に勤務致しました。

現在では、次世代を見据え当院の専門性をより高めるため、前理事長の坂口より医院を引き継ぎ、理事長として当院の運営および診療にあたっております。より高度なインプラント治療を行なうため、主に海外の学会や研修に赴き、知識のアップデートや技術の研鑽を続けています。

インプラント治療とは、残念ながら歯が無くなってしまった場合や抜かなければならなくなった場合の新たな代替療法です。歯科には、ブリッジや義歯(入れ歯)といった従来型の治療もありますが、それら方法では健康な歯を少なからず痛めてしまう場合があります。それは私の考える審美的な治療ではありません。インプラント治療とは、健全な歯は健全なままで守る治療でもあります。

そしてインプラント治療とは的確に手術を行い、適正な歯を作製し、長持ちさせる(メインテナンス)ことが重要であると我々は考えています。全てのステップにおいてバランスよく専門性の高い知識が要求されます。

院長・坂口は30年近くのインプラント治療実績に基づくエキスパートです。また当院には大学病院で専門的にインプラントを研究する歯科医師も多数在籍し治療に従事しています。そして、皆様にとってより良質で、円滑かつ適切にインプラント治療が行えるよう、専用機材や設備の整備にも常に万全を期しております。

我々歯科医師およびスタッフ一同、皆様のご健康のお役に立てましたら幸いです。