【インプラントの治療は専門の歯科医院へ】
大阪・アーティスティックデンタルクリニック|新着情報一覧

アーティスティックデンタルクリニック 審美歯科サイト

close

アクセス方法ACCESS

初診・無料カウンセリングCOUNSELING

矯正歯科ORTHODONTICS

一般歯科DENTAL CLINIC

インプラントの歯科医院/大阪アーティスティックトップへ   >  新着情報一覧   >   インプラント関連情報一覧へ   >  第二の永久歯と呼ばれるインプラント、天然歯との違いは?


第二の永久歯と呼ばれるインプラント、天然歯との違いは?

インプラントは天然歯に近い感覚で噛め、まるで自分の歯が蘇ったような使い心地であることから、「第二の永久歯」と例えられることがあります。このように、他の治療法とは違った自然な使い心地が、インプラント人気の大きな理由ではありますが、当然両者は同じものではありません。

インプラントを長持ちさせるためには両者の違いをよく把握しておくことが重要になってきます。

インプラントと天然歯の違い

インプラントと天然歯の違いとして次のようなことが挙げられます。

インプラントは虫歯にならない

インプラントは、チタン製の人工歯根にセラミックなどの人工歯を被せたものです。このように、全てが人工物ですので、当然虫歯になることはありません。これは良い点ではあるのですが、「虫歯にならない」ということで油断をしてしまい、歯磨きをついつい怠って周囲に細菌が繁殖し、口腔内が不衛生になってしまっては意味がありません。不衛生な状態はインプラントの寿命を縮めてしまうことがあります。

インプラントは過度な咬合力によりダメージを受ける場合がある

天然歯の歯根は骨に直接埋まっているわけではなく、骨との間に歯根膜と呼ばれる靭帯に支えられて埋まっています。この歯根膜はクッションの役割もしており、噛んだ際の衝撃を緩和し、異常な力がかかった際に痛みを感じるなどして、私たちに知らせてくれています。

一方、インプラントと骨は直接強固に結合しています。これがインプラントの最大の特徴でもあり丈夫に歯を支える力となります。しかしながら、天然歯にあるような歯根膜が存在しないため、噛んだ力は歯根膜で緩和されることなく、過度な咬合力が掛かった場合には歯およびインプラント本体にダメージを受ける場合があります。よって固い食べ物を常に嗜好するなどはなるべく避けていただいた方が長持ちに繋がります。歯ぎしりや食いしばりなど過度な力にも要注意です。

歯の歯周病予防と同様に、インプラントはインプラント周囲炎の予防が大切

インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病菌が感染すると、歯と同様にインプラントも周囲組織に炎症を引き起こします。インプラント周囲炎と呼ばれる状態です。インプラント周囲炎には程度があり、軽度のものは改善し易いですが、放置したまま進行すると、改善しにくく、場合によってはインプラントを除去することもあります。
歯の歯周病予防と同様、インプラントも周囲炎の予防が大切です。

インプラントを長持ちさせるために

インプラントを埋めても、表から見える部分は被せ物(歯)の部分のみです。そのため、インプラントは、パッと見た感じは天然歯と変わらない見た目で、違和感なく噛めるという点でも天然歯のようであると言えるでしょう。

せっかく治療して得た「第二の大臼歯」です。長持ちのためには一層丁寧に注意を払い、ケアをすることが重要になってきます。

日常の生活では次のようなことに注意を払っていきましょう。

1.細菌感染させないように気をつける

インプラント周囲の歯茎に炎症を起こさないよう、毎日の歯磨きを丁寧に行いましょう。歯磨きをしても歯茎からの出血や歯茎の腫れが落ち着かない場合には早めに歯科医院を受診して下さい。

また、炎症が起こってないなくても、定期的に歯科を受診して検診・クリーニングなどのメインテナンスを受け、炎症を予防していくことが大事です。

2.噛み合わせに気をつける

噛み合わせに関しても、定期検診を受け、異常が起こってないかをチェックしてもらいましょう。また、歯ぎしり、食いしばりのある方は無意識に歯およびインプラント本体に強いダメージを与えてしまいがちですので、マウスピースの装着をお勧めします。詳しくはお問い合わせください。

3.体調管理に気をつける

体の健康状態によってもお口の健康は左右されます。健康的な生活をし、体を健康に保つことがインプラント周囲炎を防ぐことにもつながります。

インプラントの歯科医院/大阪アーティスティックトップへ  >   新着情報一覧へ   >   インプラント関連情報一覧へ   >  第二の永久歯と呼ばれるインプラント、天然歯との違いは?