インプラントと上顎洞

インプラントと上顎洞

オステオトームテクニック

上顎洞の中は空洞になっていて、内部は粘膜で覆われ、鼻腔とつながっています。歯周病の進行、あるいは長期にわたる入れ歯の使用などにより、歯槽骨が著しく吸収してしまうと、上顎洞までの距離が短く、インプラントを植立するのに十分な長さがとれないことになります。このようなときに適用されるのが、オステオトームテクニック(上顎洞底挙上術)という手術です。

歯槽骨の頂上から上顎洞底までの距離が5mm以上ある場合は、インプラントを植立してもインプラントの先端が、上顎洞内にとび出てしまうため、オステオトームテクニックを用いて、骨環境を整えます。手術では、まず上顎洞に近接するところまで慎重にドリルを進めて、上顎洞底の骨が薄く存在している状態にします。そこから自家骨やカルシウムの結晶を、ゆっくり圧力を加えながら押し込んでいきます。そうすると上顎洞底の骨は粘膜と一体となりながら、はがれて上に持ち上がっていきます。その後、空けたホールにインプラントを植立します。

インプラント植立後は、約4~6ヶ月間の再生を待たなくてはなりません。その後、人工歯を固定します。ただし、上顎洞底までの距離が極端に少ない場合は、この手術は適応できません。

サイナスインパクション(ソケットリフト)

断面図1

この手術は、スウェーデン・イエテボリ大学での手術方法です。上顎洞底に微細振動を与えて、薄い上顎洞底の骨を骨折させて上に持ち上げる特殊な技法で、オルテオトームテクニックの変法と言えるでしょう。また、上顎のインプラント治療は、上顎洞が発達していることが多く、何らかの空洞処理をしなければならない方がほとんどです。

いくつかの治療法がありますが、当院では最新の手術法であるサイナスインパクションを導入しています。非常に成功率の高い手術法で従来法に比べて、治療を受ける側の身体的負担が少ないという特徴があります。この手法は、スウェーデン・イエテボリ大学でのインプラント研修で学びました。

ウィンドウテクニック(サイナスリフト)

断面図2

ウインドウテクニックは、上顎洞底までの距離が極端に少ない場合に用いられる手法です。まず、図のように上顎洞の壁の骨を、楕円形にくり抜きます。そして上顎洞底の粘膜を慎重に剥離しながら、次第に空洞内部の上方に持ち上げていきます。持ち上げられた粘膜と上顎洞底の骨の間には空隙ができますから、そこに自家骨やカルシウムの結晶を詰めて6ヶ月程かけて、この部分を骨化させる手法です。

この手術と同時にインプラントを植立する場合と、6ヶ月後に骨化してからインプラントを植立する場合があります。いずれにしてもこの部分がきれいに骨化すると、噛み合わせの圧に十分耐えることができますから、人工歯(インプラント上部構造)を固定することができます。

研究・調査
海外レポート
インプラント治療関連論文
セメント合着後の鋳造補綴インプラント上部構造の皮膜厚さと維持力 サイナスオーギュメンテーションにおける多孔性合成ハイドロキシアパタイトと子牛由来ハイドロキシアパタイトの比較 オトガイ棘上孔のマクロ解剖及びエックス線学的特徴 インプラント植立に伴う垂直性GBR:2種類のテクニックの有効性 セメント固定式インプラント上部補綴の、7セメントの維持効果および辺縁漏洩 インプラント周囲角化歯肉の厚さが臨床的、免疫学的パラメーターに与える影響 人下顎臼歯部にインプラントを植立して、即時荷重した場合と通法どうりに待機期間をおいた場合の12ヶ月の比較。 インプラント周囲に骨欠損が発生した場合の、オッセオインテグレーションに対する移植剤の効果 人骨誘導再生法における架橋重合型コラーゲンメンブランと非架橋重合型コラーゲンメンブランの吸収過程の長期観察 近遠心的インプラント傾斜に関する手術的要因 骨誘導タンパク−2はハイドロキシアパタイトと3燐酸カルシウムを含む合成マトリックスを担体として移植すると、骨形成を促進する。 バイオフィルムに汚染されたインプラント粗面の再Osseointegrartion ―犬をもちいた実験的研究― インプラント頬側の骨治癒動態 抜歯即時埋入において、プラットフォームスイッチを用いた時のインプラント周囲軟組織、硬組織の保存 抜歯即時埋入即時荷重 Alloxan誘導性糖尿病家兎の頭蓋形成術に対する均質脱灰象牙質器質の応用:組織計測学的評価 PRPと骨再生 インプラントの減衰係数と予後 単独植立における骨増加処置と満足度 ncHAの骨補填材 ビスホスホネートとインプラント 自家骨をメンブレンで覆うエビデンス BMP2コート BMP歯周治療 垂直性GBR PDGFによるGBR インプラント周囲炎サイトカイン 即時埋入したインプラントにおける臨床的・審美的検討 チタン表面処理が血漿タンパクの吸着に及ぼす影響 成人骨髄由来のヒト間葉系前駆細胞の分化が与える骨—インプラント間での初期骨合成に与える関係 インプラントブリッジにおける支台となるインプラントの傾斜が辺縁骨に及ぼす影響5年後の評価 1本の歯を失った場合でもインプラント治療が選択される患者様がふえています Osstell BIOPEX-R骨新生機転
お問い合わせ (初診・無料カウンセリング)