【インプラントの治療は専門の歯科医院へ】
大阪・アーティスティックデンタルクリニック|インプラントの材質

インプラントの歯科医院/大阪アーティスティックトップへ  >  インプラントの材質


インプラントの材質

インプラントの材質については、大切な問題ですので新しいニュース等をお伝えしてしていきたいと思います。インプラントの手術を説明する前に、まず『インプラントとは何なのか』をご紹介いたします。

インプラントとは、ネジ状の形をした純チタン製の金属で、顎の骨に埋入し人工の歯根として機能します。インプラント自体が信頼が高いと申しましても、金属が人の体の中に入る訳ですので、当然ご不安を感じる患者様も多いのが現状です。しかし心配には及びません。当医院で使用しているインプラントは、高純度のチタンで不純物は混入していません。

顎の骨に植立されますと、機械的に骨と結合するだけでなく、生物的、生化学的に骨と結合していきます。複雑な生体のメカニズムが関与して、インプラントの周囲の骨はダイナミックに改造されます。その秘密は高純度のチタンであること、研究を重ねた表面処理がなされていることにあります。ですので、当医院では信頼のおける研究機関で証明された高品質のインプラントを使用しています。世界には50種類を超えるインプラントメーカーが氾濫しています。その中には、素材、加工精度、機械的に長持ちできうる設計かどうか、不確かなインプラントもあります。中には、費用が安いインプラントもありますが、当医院では倫理的観点から不確かなインプラントは使用いたしません

当医院のミッションは、厳選されたインプラントを用い最新の科学情報をもとにして最高のインプラント治療を患者様に提供することにあります。 また現在、移植骨で牛骨や人骨の使用が多用されております。この辺りにも大変興味深い見解がございます(否定している訳ではございません)。スウェーデンの大学、病院、日本の研究機関病院から多くの論文がでていますし、当医院は骨移植をもっとも重要視しています。

骨移植でしたら是非当医院へお問い合わせくださいませ。
また、新しい患者様に有意義な情報発信をこのサイトに追加していきたいと思います。