【インプラントの治療は専門の歯科医院へ】
大阪・アーティスティックデンタルクリニック|新着情報2

インプラントの歯科医院/大阪アーティスティックトップへ  >  新着情報2


新着情報2

2008/07/29

インプラント頬側の骨治癒動態
lin Oral Implants Res. 2008 Apr;19(2)

Bone healing dynamics at buccal peri-implant sites
Mohammed Qahash
Cristiano Susin
Giuseppe Polimeni
Jan Hall
Ulf M.E.Wikesjo

抜歯即時埋入は、歯槽突起を保存するであろうと広く信じられている。本研究の目的は、インプラント頬側の骨治癒動態を評価することである。結論は抜歯窩にインプラントを植立する場合、頬側残存骨の幅が2mm以上の場合、歯槽骨辺縁レベルは温存される。
伊藤 正夫先生訳

--------------------------------------------------------------------------------

バイオフィルムに汚染されたインプラント粗面の再Osseointegrartion
―犬をもちいた実験的研究―

Clin Oral Implants Res. 2008 Apr;19(2)

Re-osseointegration on rough implant surfaces previously coated with bacterial biofilm:an experimental study in the dog
Mohamed Alhag
Stefan Renvert
Ioannis Polyzois
Noel Claffey

インプラントを骨から突出させて植立し、3ヶ月でプラークが粗面を覆うのを待った。その後、1.酢酸で30秒間ブラッシングでプラークを除去し、生理食塩水で洗い流した。2.生理食塩水と歯ブラシで1分間清掃した。3.10%過酸化水素でブラッシングしプラークを除去した後、生理食塩水で洗い流した。これらのインプラントを正規の深度まで再植立したところいずれも骨結合した。伊藤

--------------------------------------------------------------------------------

骨誘導タンパク−2はハイドロキシアパタイトと3燐酸カルシウムを含む合成マトリックスを担体として移植すると、骨形成を促進する。
Clin Oral Implants Res. 2008 Apr;19(2)

Bone morphogenetic protein-2 enhances bone formation when delivered by a synthetic matrix containing
hydroxyapatite/tricalciumphoshate
Ronald E.Jung
Franz E.Weber
Danniel S.Thoma
Martin Ehrbar
David L.Cochran
Chistoph H.F.Hammerle


ポリエチレングリコールゲルを担体とした骨誘導タンパクー2をハイドロキシアパタイトと燐酸カルシウムの代用骨と同時に移植すると、ハイドロキシアパタイト、燐酸カルシウムのみの場合の2倍の速度で骨形成を促進した。伊藤

--------------------------------------------------------------------------------

近遠心的インプラント傾斜に関する手術的要因
Clin Oral Implants Res. 2008 Apr;19(3)

Surgical factors influencing mesiodistal implant angulation
Michael Payer
Robert Kirmeier
Norbert Jakse
Christof Pertl
Walther Wegscheider
Martin Lorenzoni


フィクスチャーの近遠心的傾斜に関しては、手術的要因が強く関与するが、経験のある外科医ではこのような変移は少なかった。バーのサイズを飛ばしてドリリングした場合は偏移の危険率が高まった。ドリルスピードが速いと偏移の危険率が高まった。 伊藤

--------------------------------------------------------------------------------

人骨誘導再生法における架橋重合型コラーゲンメンブランと非架橋重合型コラーゲンメンブランの吸収過程の長期観察
Clin Oral Implants Res. 2008 Apr;19(3)

Long-term bio-degradation of crosslinked and non-cross-linked collagen barriers in human guided bone regeneration
Haim Tal
Avital Kozlovsky
Zvi Artzi
Carlos E.Nemcovsky
Ofer Moses


架橋重合型コラーゲンメンブラン(Ossix)は非架橋重合型コラーゲンメンブラン(Bioguide)に比べて、吸収に対して抵抗性であったと同時に組織と長期に接合した。さらに口腔環境に露出した場合であってもよく吸収に抵抗した。しかし架橋重合型コラーゲンメンブランは組織の裂開とも高い相関があった。裂開しなかった症例では、架橋重合型コラーゲンメンブランの部位もしくはその内部に時に骨化を認めた。 伊藤

--------------------------------------------------------------------------------

インプラント周囲に骨欠損が発生した場合の、オッセオインテグレーションに対する移植剤の効果
Clin Oral Implants Res. 2008 Apr;19(4)

Effect of grafting materials on osseointegration of dental implants surrounded by circumferential bone defects
An experimental study in the dog
Faleh Abushahba
Stefan Renvert
Ioannis Polyzois
Noel Claffey


インプラントと周囲骨の間にgapが発生した場合、そこに自家骨を移植した場合とバイオオスを移植した場合は、血餅を移植した場合に比べて、有意に広い範囲のossointegrationを獲得した。 伊藤

--------------------------------------------------------------------------------

人下顎臼歯部にインプラントを植立して、即時荷重した場合と通法どうりに待機期間をおいた場合の12ヶ月の比較。
Clin Oral Implants Res. 2008 Apr;19(4)

In-patient comparison of immediate and conventional laded implants in mandibular molar sites within I2 months
M.Baris Guncu
Yavuz Aslan
Celal Tumer
Guliz N.Guncu
Serdar Uysal


本研究においては、下顎臼歯部インプラント即時荷重はなんら安定性に問題を起こさなかった。また辺縁骨レベルやインプラント周囲組織の健康も通法と比較して遜色はなかった。 伊藤

--------------------------------------------------------------------------------

インプラント周囲角化歯肉の厚さが臨床的、免疫学的パラメーターに与える影響
Clin Oral Implants Res. 2008 Apr;19(4)

The dimensions of keratinized mucosa around implants affect clinical and immunological parameters
Hadar Zigdon
Eli E.Machtei


インプラント周囲角化歯肉の厚みと幅は臨床的、免疫学的に重要な影響を与えていた。特に審美的ゾーンにおいては薄く、狭い角化歯肉は歯肉退縮を生じ大きな問題につながる。 伊藤

2008/03/03

セメント固定式インプラント上部補綴の、7セメントの維持効果および辺縁漏洩
Comparison of 7 Luting Protocols and Their Effect on the Retention and Marginal Leakage of a Cement-Retained Dental Implant Restoration

Yu-Hwa Pan,DDS,MS/Lance C.Ramp,DMD,PhD/Ching-Kai Lin,DDS /Perng-Ru Liu,DMD,MS

目的:アバットメントにセメント合着した鋳造物のセメント強度と辺縁漏洩を判定することが目的である。
材料および方法:56のチタン製アバットメントと鋳造物を準備し7群に分けて、8検体を1つのセメントに対応させた。セメントはレジン系セメント3種(RES,RES-B,RES-B-P),
レジン強化グラスアイオノマーセメント(GI)、ポリカルボン酸セメント(PCB)、アクリルウレタンセメント(UDM)、燐酸亜鉛セメント(ZP)である。検体は37℃湿度100%中に24時間置いた。その後加圧実験系と加温実験系に入れた。その後24時間0.5%フクシンに浸漬した。規格化された装置により鋳造物を除去し、セメントの破断力と漏洩を評価した。
結論:メーカーが暫間用と指定したセメントはもちろん永久用と指定したセメントに比べて維持力が弱く、維持力はレジンセメントが最も強く、ついで燐酸亜鉛、ポリカルボン酸の順であった。暫間用セメントは高強度のセメントに比べて、漏洩を認めた。 伊藤

--------------------------------------------------------------------------------

インプラント植立に伴う垂直性GBR:2種類のテクニックの有効性
Vertical Bone Augmentation with Dental Implant Placement:Efficacy and Complications Associated with 2 Different Techniques.
A Restrospective Cohort Study

Mauro Merli,MD,DDS/Massimo Migani,DDS/Francesco Bernardelli,DDSMacro Esposito,DDS,PhD

自家骨を用いた垂直性GBRをインプラント植立と同時に行なった。一種はチタン強化型ゴアテックスメンブレン、もう一種は骨接合プレートで顎堤を付形し、吸収性メンブレンで被覆した。両群とも良好な骨新生を認め、差はなかった。伊藤抄

2008/02/28

オトガイ棘上孔のマクロ解剖及びエックス線学的特徴
Macroanatomic and Radiologic Characteristics of the Superior Genial Spinal Foramen and Its Bony Canal
Giovani Vandewalle,MD,PhD/Xin Liang,DDS,MSc/Reinhilde Jacobs,DDS,PhD,MSc/Ivo
Lambrichts,DDS,PhD

オトガイ棘上孔のマクロ解剖及びエックス線学的特徴
目的:オトガイ棘上孔の大きさ、位置、管の構造を知ることを目的とする。
材料および方法:380の屍体の下顎を対象に、オトガイ棘上孔の下顎基部からの距離、大きさを検討した。エックス線学的に本管の下顎切歯管との関係も検討した。
結果:98%に本孔を認めた。形状は円形もしくは扁平なじょうご型をしていた。舌動脈および舌神経の終枝が走行した。
結論:下顎正中におけるインプラント植立は神経血管系の損傷を起こす危険性がある。伊藤抄

--------------------------------------------------------------------------------

サイナスオーギュメンテーションにおける多孔性合成ハイドロキシアパタイトと子牛由来ハイドロキシアパタイトの比較
Maxillary Sinus Augmentationn with a Porous Synthetic Hydroxyapatite and Bovine-Derived
Hydroxyapatite:A Comparative Clinical and Histologic Study
Carlo Manano,MD,DDS/Antonio Scarano,DDS,MD/Vittoria Perrotti,DDS,PhD/Giovanna
lezzi,DDS,PhD/Adriano Piattelli,MD,DDS

サイナスオーギュメンテーションにおける多孔性合成ハイドロキシアパタイトと子牛由来ハイドロキシアパタイトの比較
目的:合成HAとバイオオスの比較を行なう。
材料及び方法:上顎洞骨造成が必要な患者に100本のチタンインプラントを植立し、半数には多孔性合成HAを、残りにはバイオオスを移植し、6ヶ月後に骨を採取し検討した。
結果:双方の群とも2本づつのインプラントが脱落した。すべての患者は1年の経過観察を行ない、双方とも新生骨で取り巻かれていた。
結論:多孔性合成HAとバイオオスには差がない。伊藤抄

--------------------------------------------------------------------------------

3D人凍結乾燥骨移植
Simplified Onlay Grafting with a 2-dimensional Block Technique:A Technical Note Michele Jacotti,DDS

ブロックボーングラフトでは移植骨と母床が密着しないと、生着しない。そこで人凍結乾燥骨を、3DCTによって患者顎骨の3次元モデルを作成し、それに合わせて加工し、移植する方法を論述している。
解説:合衆国では人凍結乾燥骨が骨バンクより供給され、臨床に用いられている。自家骨とのトライアルは未だ定かでないとともに、感染症の危険性を完全には排除できない。伊藤抄

--------------------------------------------------------------------------------

セメント合着後の鋳造補綴インプラント上部構造の皮膜厚さと維持力
Retention Forces and Seating Discrepancies of Implant-Retained Castings After Cementation
Mona Wolfart,DMD/Stefan Wolfart,DMD/Matthias Kern,DMD,PhD

セメント合着後の鋳造補綴インプラント上部構造の皮膜厚さと維持力:
目的:セメントの種類によってあるいはセメントの使用法によって、浮き上がりや維持力に差が出ないかを検討することである。 材料および方法:ユージノールフリーの酸化亜鉛セメント、燐酸亜鉛セメント、グラスアイオノマー、ポリカルボン酸セメント、レジンセメントを用いた。鋳造物の内面を完全にセメントで覆う方法と半分だけ覆う方法を検討した。アバットメントは鏡面研磨のものと表面をエアーアブレージョンしたものの2種を検討した。
結果:いずれの方法でもマージンのセメント厚さは変わらず、ポリカルボン酸が最大の維持力を示したが、酸化亜鉛と燐酸亜鉛/グラスアイオノマ群とポリカルボン酸/レジンセメント群の間には統計学的有意差を認めた。
全面コーティングであっても、半分のコーティングであってもいずれのセメントにおいても差は認めなかった。エアーアブレージョンはいくつかのセメントでは維持力向上に有効であった。
結論:いずれのセメントにおいても鋳造物の内面の半分をセメントでコーティングする方法は、全面コーティングと維持力の差を認めなかった。エアーアブレージョンはセメントによっては維持力を向上させた。伊藤抄

--------------------------------------------------------------------------------

ハイドロキシアパタイトコーティングインプラントの長期成績(080228)
Long-Term Follow-up of Hydoroxyapatite-Coated Dental Implants - A Clinical Trial
Mona Wolfart,DMD/Stefan Wolfart,DMD/Matthias Kern,DMD,PhD

セメント合着後の鋳造補綴インプラント上部構造の皮膜厚さと維持力:
目的:セメントの種類によってあるいはセメントの使用法によって、浮き上がりや維持力に差が出ないかを検討することである。
材料および方法:ユージノールフリーの酸化亜鉛セメント、燐酸亜鉛セメント、グラスアイオノマー、ポリカルボン酸セメント、レジンセメントを用いた。鋳造物の内面を完全にセメントで覆う方法と半分だけ覆う方法を検討した。アバットメントは鏡面研磨のものと表面をエアーアブレージョンしたものの2種を検討した。
結果:いずれの方法でもマージンのセメント厚さは変わらず、ポリカルボン酸が最大の維持力を示したが、酸化亜鉛と燐酸亜鉛/グラスアイオノマ群とポリカルボン酸/レジンセメント群の間には統計学的有意差を認めた。
全面コーティングであっても、半分のコーティングであってもいずれのセメントにおいても差は認めなかった。エアーアブレージョンはいくつかのセメントでは維持力向上に有効であった。
結論:いずれのセメントにおいても鋳造物の内面の半分をセメントでコーティングする方法は、全面コーティングと維持力の差を認めなかった。エアーアブレージョンはセメントによっては維持力を向上させた。伊藤抄