【インプラントの治療は専門の歯科医院へ】
大阪・アーティスティックデンタルクリニック|新着情報2

インプラントの歯科医院/大阪アーティスティックトップへ  >  新着情報2


新着情報2

2008/07/29

01.インプラント頬側の骨治癒動態
lin Oral Implants Res. 2008 Apr;19(2)

Bone healing dynamics at buccal peri-implant sites
Mohammed Qahash
Cristiano Susin
Giuseppe Polimeni
Jan Hall
Ulf M.E.Wikesjo

抜歯即時埋入は、歯槽突起を保存するであろうと広く信じられている。本研究の目的は、インプラント頬側の骨治癒動態を評価することである。結論は抜歯窩にインプラントを植立する場合、頬側残存骨の幅が2mm以上の場合、歯槽骨辺縁レベルは温存される。
伊藤 正夫先生訳