【インプラントの治療は専門の歯科医院へ】
大阪・アーティスティックデンタルクリニック|新着情報

インプラントの歯科医院/大阪アーティスティックトップへ  >  新着情報


新着情報

2008/02/25

17.PRPと骨再生
The International Journal of Oral & Maxillofacial Implants

July/August 2007

Volume 22 , Issue 4

Influence of Platelet-rich Plasmaon Bone Regeneration: A Histomorphometric Study in Rabbit Calvaria

Jesus Torres, DDS, PhD / Isabel Tresguerres, MD, DDS, PhD / Faleh Tamimi, DDS, PhD / Celia Clemente, MD, PhD / Enrique Niembro, MD, PhD / Luis Blanco, MD, DDS, PhD

本論文の目的はPRPが骨増殖に及ぼす影響をウサギの頭骸骨を用いて検討している。ウサギの頭蓋骨に10mmの皮質骨欠損を作り、一群はPRPを用いて、もう一群は用いずに2,4,6,8週間後に組織学的に骨増殖を検討した。結果としては2,4,6週間では有意に違いを認めたが、8週間以後は有意な違いを認めかなかった。PRPは4週間までには著名に変化を認めるが、それ以後はあまり変化がなかった。PRPは効果を認めないとの説が有力になってきているが、初期の細胞増殖に関しては効果を認めるが、長期的には無いとの説を裏付ける報告であった。