【インプラントの治療は専門の歯科医院へ】
大阪・アーティスティックデンタルクリニック|一回法と二回法

インプラントの歯科医院/大阪アーティスティックトップへ  >  一回法と二回法


一回法と二回法

一回法と二回法の違い

インプラント治療には、一回法と二回法があります。
違いは、アバットメントを1次手術で取り付けるか、それとも2次手術で取り付けるか、という点です。

  一回法 二回法
特徴と
手術方法
の違い
1次手術でインプラント埋入とアバットメントの取り付けを同時に行う方法です。
安静期間を経て型取りを行い、上部構造の作製・取り付けを行います。
1次手術でインプラントを埋入し、安静期間を経て、2次手術でアバットメントを取り付けます。
2次手術の後に型取りを行い、上部構造の作製・取り付けを行います。
手術の
決め方
十分な骨の高さと厚さで、骨移植の必要もない上に埋入した状態が好ましく、インプラント上部を露出させたままでも、骨との結合に問題がない場合。 骨の量が不足していて骨移植などの治療が必要な場合や、歯周組織を失っている場合、また、結合が未完了の状態でインプラントが受ける衝撃などにより、感染の恐れがある場合。

二回法は、より万全な手術方法ですが、一回法であっても失敗するケースはほとんどありません。

インターナルジョイント

近年では、インターナルジョイントというタイプのインプラントがあります。
これを使うことにより、二回法における2次手術のとき、患者様への負担が軽減されます。

通常タイプ/インターナルジョイント

※インターナルジョイントタイプでは、アバットメントがインプラント体の内側に取り付くため2次手術時の切開部分が小さく済みます。